千葉大、学生が編集した「サステナビリティレポート」を公開

発表日:2019.09.18

千葉大学は、同大学の環境ISO学生委員会が構成・取材・執筆・デザインの進行管理を担当し制作した「千葉大学サステナビリティレポート2019」を公開した。環境ISO学生委員会は、学内でISO14001認証取得への動きが始まるとともに発足した学生団体で、これまでも同大学の環境報告書の編集を行ってきた。今回から名称を環境報告書から「サステナビリティレポート」とし、SDGsの達成に向けた取組の記載を充実させた。制作には、71名(編集部16名、執筆担当52名、デザイン3名)の学生が関わり、読みやすさを重視し、簡潔な文章化と合わせて、SDGsに対する取組が明確に分かるようアイコンを掲載するなど工夫を施したという。このレポートは冊子のほか、大学webサイトにて公開されている。全85ページ。

新着情報メール配信サービス
RSS