環境省と経産省、平成30年度のフロン排出抑制法に基づく業務用冷凍空調機器からのフロン類充填量等の集計結果を公表

発表日:2019.12.20

環境省と経済産業省は、フロン排出抑制法に基づく業務用冷凍空調機器からのフロン類充塡量及び回収量等の平成30年度の集計結果を公表した。これは、平成27年4月に施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(フロン排出抑制法)に基づく第一種フロン類充填回収業者からの報告を取りまとめたもの。その結果、平成30年度のフロン類の充塡量は、約5,461トン(平成29年度比約233トン増)で、充塡された業務用冷凍空調機器の台数は約56万台(同約0.5万台増)となった。また、フロン類の回収量は約5,216トン(同約121トン増)、回収された業務用冷凍空調機器の台数は約155万台(同約3.0万台増)となった。HFC(ハイドロフルオロカーボン)については前年度に比べて、回収量が約363トン増加(約10.6%増)、回収台数が約5.7万台増加(約5.4%増)となった。両省では、都道府県等と連携し、フロン排出抑制法等について周知し、着実にフロン類の排出抑制に向け取り組んでいくという。

情報源 環境省 報道発表資料
経済産業省 ニュースリリース
機関 環境省 経済産業省
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 経済産業省 | オゾン層 | フロン回収・破壊法 | 冷凍空調機器 | フロン類 | 整備 | 廃棄 | フロン排出抑制法 | 充填
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS