環境省、環境経済観測調査(令和元年12月調査)の確報値を公表

発表日:2020.02.21

環境省は、環境経済観測調査(環境短観)の令和元年12月調査の「確報値」を公表した。同調査は、令和元年11月11日から12月20日の間に、全国の資本金2,000万円以上の民間企業のうち、資本金・業種別の層化無作為抽出法により選定された11,397社を対象として実施されたもので、同省は令和元年12月24日に業況判断指数(業況DI)の速報値を公表している(調査方法:調査票配布・主に選択肢形式、有効回答数:4,800社(回答率:42.1%))。今回の短観では、環境ビジネスの現状の業況DIは「19」と算出され、環境ビジネス全般(4分野:環境汚染防止、地球温暖化対策、廃棄物処理・資源有効利用、自然環境保全)に好調さを維持しているという結果となった。現在発展している分野として「省エネルギー自動車」、10年先発展が見込まれる分野として「再生可能エネルギー」と回答した企業の割合が高く、今後実施したいと考えている分野として「再生可能エネルギー(非製造業)」や「リサイクル素材(製造業)」と回答した企業の割合が高かったという。

新着情報メール配信サービス
RSS