三菱商事(株)、ウェアーハウザー社とバイオマス燃料分野における戦略的取組みについて発表

発表日:2010.02.02

三菱商事(株)は、世界有数の森林製品会社である米国ワシントン州のウェアーハウザー社とバイオマス燃料分野における戦略的提携に向けた覚書を締結したと発表した。両社は、同覚書の第一歩として、米国内のバイオペレット製造施設への共同出資並びに共同運営に向けた事業性調査を開始し、世界級のバイオペレット供給者となるべく、製造施設の立ち上げを検討していくという。バイオペレットは、バイオマスを圧縮・成型して作られる固形燃料で、石炭と混焼することにより、石炭火力発電所で温室効果ガス排出削減効果が見込まれている。今回の調査では、2011年に第一期の製造施設が操業可能となることを目標に調査期間が設定されており、調査の結果次第では、複数期にわたり製造施設を順次立ち上げていく予定という。この試みが上手くいけば、三菱商事は既に稼動している日本、欧州の工場に引き続き、第三のバイオペレット製造拠点を米国に持つことになる。

新着情報メール配信サービス
RSS