日本製紙(株)、石巻工場で東日本大震災の木質系瓦礫を燃料として受け入れ

発表日:2011.08.22

日本製紙(株)は、同社の石巻工場において、東日本大震災で発生した再利用可能な木質系瓦礫を燃料として受け入れ、焼却処理することで電力として活用すると発表した。石巻工場で本格的に稼働した1号ボイラーは、木くずを燃料としている。今回、宮城県との協議の結果、同社グループは、広域石巻圏(石巻市、東松島市、女川町)における瓦礫を破砕処理して燃料とし、同ボイラーで焼却することとなった。平成23年8月22日より試験的に石巻工場に瓦礫を搬入し、今後正式な宮城県との契約締結により、年間約12万トンの瓦礫を燃料として活用していく予定。なお、石巻工場で発電した電力の一部は、東北電力に対し最大4万キロワット(一般家庭約10万世帯相当)を供給することとなっており、8月21日より送電を開始している。

新着情報メール配信サービス
RSS