旭化成ケミカルズ(株)、木質バイオマス発電への取り組みを発表

発表日:2008.06.18

旭化成グループの旭化成ケミカルズ(株)は、同社が出資する旭化成エヌエスエネルギー(株)延岡発電所における、木質バイオマス発電の取り組みについて発表した。同発電所では、樹皮、間伐材や木屑等を加工したバイオチップ、バイオペレット等の木質バイオマスを石炭と混焼するための発電設備の改良工事が2007年12月に完了。2008年1月よりバイオチップによる燃焼試験をしている。今後、樹皮等未利用バイオマス資源をペレット化したバイオペレットによる燃焼試験を行い、8月より木質バイオマスと石炭の混焼を開始する。当初は石炭に木質バイオマスを約10,000t/年(熱量等価比約2%、重量比約3%)混焼させることで、これまでの同発電所におけるCO2発生量の2%相当分、約15,000t/年のCO2排出量削減効果があるという。

新着情報メール配信サービス
RSS