EU、温室効果ガス排出量削減は2020年の20%目標以上を達成する見通しと発表

発表日:2014.10.28

欧州環境局(EEA)は、欧州連合(EU)の2013年の温室効果ガス排出量は前年比で1.8%減少し、2020年までに1990年比で20%削減するというEU目標を上回る、21%以上の削減の見通しがついたと発表した。EEAによると、再生可能エネルギーによる最終エネルギー消費量は2012年には14%に達し、2020年までに20%に増やすとする目標に向け計画以上に進展している。エネルギー消費量もエネルギー効率の目標達成に必要なペース以上に減少しているという。この3つ(排出削減、再生可能エネルギー、エネルギー効率)はEU気候・エネルギー政策の主要目標となっている。しかし加盟国別でみると進捗は一様でなく、この3目標のすべてにおいて遅れている国はなかったものの、3つとも順調に進んでいるのは9か国にとどまった。また、EU「努力分担決定」で定められた国別の2013年排出削減目標を達成できないリスクのある国が3か国、国内対策では2020年目標を達成できないとみられる国が6か国あるという。

情報源 欧州環境局(EEA) プレスリリース
欧州委員会 プレスリリース
国・地域 EU
機関 欧州環境局(EEA) 欧州委員会
分野 環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 温室効果ガス | 欧州委員会 | エネルギー効率 | EEA | 排出削減 | 欧州環境局 | エネルギー消費量
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS