カナダ、2020年と2030年の温室効果ガス排出量を予測

発表日:2016.01.29

カナダ政府は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)に提出する隔年報告書のデータとして、2020年と2030年の温室効果ガス(GHG)排出量の予測結果を公表した。これは、2015年9月時点で政府、消費者、企業などが行っている対策による今後の効果を反映したもので、経済状況やエネルギー価格等の変化を考慮して予測される排出量の範囲を示している。土地利用、土地利用変化及び林業部門(LULUCF)の影響は含まれていないという。報告では、カナダのGHG排出量は、2020年には768Mt(CO2換算)、2030年には815Mt(CO2換算)と予測している。これは、今後行う必要がある取り組みのレベルを示すもので厳密な推定値ではなく、実際の排出量は、原油価格等のさまざまな要因の今後の変化によって決まるとしている。カナダ政府は、排出量を2020年に622Mt(CO2換算)、2030年に524Mt(CO2換算)まで削減することを目標としており、今後、リーダーシップを発揮し、州および準州と協力して、気候変動に取り組んでいきたいとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS