イギリス気象庁、イギリスの高温の年トップ10は全て2002年以降と報告

発表日:2019.07.31

イギリス気象庁(MetOffice)は、国内の気候に関する年次報告書2018年版を発表した。これによると、同国の年平均気温については、高温の上位10位までを全て2002年以降が占めた一方(2018年は7位)、低温の上位10位までに入ったのは全て1963年以前であった。今回は、従来よりも26年古い1884年まで遡って分析が行われ、最低温記録(1892年)をはじめ低温トップ10の半数を19世紀が占めた。こうしたデータから、気候が変動していることが一層読み取れるという。この他、同報告書は、日照時間や降水量、沿岸水温、極端気象を含めた様々な観点から気候事象を分析している。なお、高温の年トップ10は、順に2014年、2006年、2011年、2007年、2017年、2003年、2018年、2004年、2002年、2005年となっている。低温の年トップ10は、順に1892年、1888年、1885年、1963年、1919年、1886年、1917年、1909年、1887年、1962年だという。

新着情報メール配信サービス
RSS