国連環境計画、石油・ガス産業から排出されるメタンガスを追跡

発表日:2020.05.08

国連環境計画(UNEP)と「気候と大気浄化の国際パートナーシップ(CCAC)」によると、メタンガスが地球温暖化に及ぼす効果は20年間で二酸化炭素(CO2)の84倍にもなるが、世界の海洋石油・ガス生産設備から排出されるメタンの量には不確実性がある。CCACが支援し、「Environmental Science and Technology」誌に掲載されたメキシコ湾の石油・ガスプラットフォームからのメタン排出に関する研究では、世界中の海洋施設に適用可能なメタン排出量を測定するための新しい方法を提示した。メタン漏洩の多くは施設の整備不備が原因であり、ガス漏れを防止できれば石炭採掘、石油・ガス部門からのメタン排出量を65%以上削減することができるため、排出量の測定が重要となる。また、石油・ガス産業からのメタン排出量が過小評価されていることを示す証拠が最近増えており、最近ネイチャー誌に発表された研究では、25~40%過小評価されている可能性が示された。

情報源 国連環境計画(UNEP)ニュース
国・地域 国際機関
機関 国連環境計画(UNEP)
分野 地球環境
大気環境
キーワード 地球温暖化 | 二酸化炭素 | 国連環境計画 | メタンガス | 気候と大気浄化の国際パートナーシップ | 海洋石油・ガス生産設備 | Environmental Science and Technology | 石油・ガスプラットフォーム | 海洋施設 | 石炭採掘
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS