オゾンホールの縮小、地球温暖化につながるおそれ?

発表日:2010.01.26

南極のオゾンホールの縮小が、南半球の温暖化を加速するおそれのあることがイギリス・リーズ大学の研究者らによって明らかになった。南極のオゾンホールは環境面で大きな脅威の一つだと考えられてきたが、これまで解明されていなかったフィードバック効果により、過去20年間にわたってこの地域を温暖化から守ってきていたという。南極では、夏の間、オゾンホールの下で、強力な風が海のしぶきを巻き上げ、塩分を含む粒子が雲を形成、日光を反射してきた。このような小さな粒子、エアロゾルは、太陽の熱を反射して宇宙に放射する役割を果たしており、地球を冷却するのに役立っている。オゾン層が回復するにつれて、こうしたフィードバック効果が薄れ、南半球での気温の上昇につながる可能性があるという。今回の研究は、エアロゾルに関する地球規模の最新のモデルと20年分の気象データを利用して行われたもので、研究チームでは、将来の予測でもこのフィードバック効果について考慮していきたいとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS