富山県、農業用水を利用した「山田新田用水発電所」を竣工

発表日:2013.03.14

富山県は、農業用水を利用した「山田新田用水発電所」が竣工したと発表した。農業用水を利用した小水力発電は、再生可能エネルギーの有効活用により地球温暖化防止に貢献するとともに、土地改良施設の維持管理費の軽減が図られるため、同県では、小水力発電所の整備や導入支援、発電適地調査などの取組みを積極的に実施している。今回、平成23年度より南砺市で整備を進めていた小水力発電所が完成した。同発電所は、農業用水路の空き容量を利用して発電するもので、使用水量は、かんがい期(4/21~9/10)は0~2.64m3/s、非かんがい期(9/11~4/20)は2.64m3/sである。最大出力は520kWで、年間供給電力量は一般家庭約612軒分に相当する257万kWh、年間二酸化炭素削減効果は1,428tになるという。

新着情報メール配信サービス
RSS