気象庁、地球温暖化予測情報第8巻を公表

発表日:2013.03.15

気象庁は、日本を対象とする地球温暖化予測についてとりまとめた「地球温暖化予測情報第8巻」を公表した。同庁では、地球温暖化による影響評価、地球温暖化の緩和策および適応策の検討の推進、地球温暖化に関する科学的知見の普及・啓発などに寄与することを目的に、平成8年度から地球温暖化予測モデルの結果を「地球温暖化予測情報」として公表している。今回、日本付近の気候の変動を詳細に計算することができる気候モデルを用い、21世紀末頃の温室効果ガス濃度の想定に基づき、日本の気候の将来変化について新たな予測を実施。気候モデルを詳細化することで、今回初めて短時間強雨の発生頻度の将来予測が可能となった。その結果、21世紀末頃の日本では、1)平均気温が2.5~3.5℃上昇し、猛暑日の日数が増加する、2)短時間強雨(1時間降水量50ミリ以上)の発生頻度が増加する、3)年降雪量が減少する、等が予測されたという。

新着情報メール配信サービス
RSS