国環研、「地球温暖化研究プログラム」の成果報告書を公表

発表日:2017.02.02

国立環境研究所は、「地球温暖化研究プログラム」(研究プログラム総括:笹野泰弘・江守正多)の成果報告書を公表した。同報告書は、温室効果ガス等の濃度変動特性の解明とその将来予測、地球温暖化に関わる地球規模リスク、低炭素社会に向けたビジョン・シナリオ構築と対策評価に関する包括的な研究を執り行った成果についてまとめたもの。1)大気環境・温室効果ガスの観測・解析に基づく全球及び東アジア域での物質循環・炭素循環の実態とその変動機構の解明、2)最先端の気候モデルに基づく気候変動の実態の解明と将来予測の精緻化の促進、3)統合評価モデルの活用による世界規模での温室効果ガス排出抑制策(緩和策)や気候変動に対する影響、4)適応策の総合的評価などの成果が得られた。この成果は、地球温暖化研究の進展に貢献することが期待されるとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS