(独)日本原子力研究開発機構、放射性セシウムの特殊な吸着挙動を解明

発表日:2013.03.15

(独)日本原子力研究開発機構は、放射性セシウムの特殊な吸着挙動を解明したと発表した。これは、放射性セシウムが、従来考えられていた細かい粘土鉱物だけでなく、大きな粒径の鉱物にも強く吸着していることを見いだしたもの。福島第一原子力発電所事故により降下した放射性セシウムは、表層付近の土壌中に留まっており、水などにより洗い流すことが難しいとされ、この原因は放射性セシウムが土壌中のイライトなど小さい粒径の粘土鉱物に強く吸着しているためと考えられていた。しかし、ふるい分けなどにより粘土鉱物を多く含む細粒部分を除去しても、まだ大部分の放射性セシウムが残っているケースもあり、その理由は不明であった。今回、土壌中の放射性セシウムの濃度が他の代表的な微量元素の濃度に比して極めて低いため、その吸着挙動が他の元素と大きく異なることが、この特殊な吸着の理由であることを初めて突き止めた。これにより、土壌の粒度だけでなく、鉱物組成を判断要因としたふるい分けで、より効果的な放射性セシウム除去が可能となるという。

新着情報メール配信サービス
RSS