神奈川県、「神奈川県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定

発表日:2013.05.31

神奈川県は、「神奈川県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定したと発表した。同県は、県内の電気自動車の普及台数及び急速充電器の設置数が全国トップとなっている。同ビジョンは、今後の電気自動車の普及拡大に向け充電器の整備を加速させるため、国の整備促進事業に基づき策定したもの。充電インフラ整備の計画として、1)急速充電器(477箇所):幹線道路沿いなどに「経路充電」として増設、2)普通充電器(531箇所):観光地、ショッピングセンター等の商業施設などに「目的地充電」として普通充電器を主体に増設、としている。今回、同ビジョンを次世代自動車振興センターへ承認申請を行った。この承認を受けると、同ビジョンに基づく充電設備を設置する場合、同センターから充電器本体と工事費の合計額の3分の2の補助を受けることができる。同県では、承認後に同ビジョンをホームページで公開し、確認申請の受付を開始するという。

新着情報メール配信サービス
RSS