本田技研工業(株)、近距離移動用の超小型EVによる社会実験を開始

発表日:2013.11.19

本田技研工業(株)は、近距離移動用の超小型電気自動車(EV)を発表した。この車両は、国土交通省主導で検討されている超小型モビリティの車両区分および欧州L7カテゴリーを視野に入れたもの。軽自動車よりも全長が約90cm短い超小型ボディにより、最小回転半径がわずか3.3mという取り回しの良さと、電動車両らしいキビキビとした走りでさまざまな道路環境での快適な走行を提供。短時間での充電を可能にするため、AC100V/AC200Vの充電システムを採用し、一般に設置されたEV用充電スタンドを使用することができる。同社では、熊本県、さいたま市、宮古島市の各自治体と共同で2013年11月より開始した社会実験に、同車を順次導入し、各地域の街づくりや、移動に関する課題に対して、社会システムとして求められる超小型モビリティの使い方やニーズの探索を行っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS