本田技研工業(株)、超小型EVを公開し、2013年より実証実験を開始

発表日:2012.11.13

本田技研工業(株)は、近距離移動用の超小型電気自動車(EV)を公開した。この車両は、国土交通省主導で検討されている超小型モビリティの車両区分および欧州L7カテゴリーを視野に入れたもの。2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させ、超小型ボディでありながら、ドライバーと子ども2名の乗車を実現した。ルーフに設けた太陽電池は将来的に、太陽エネルギーによる走行補助を目指して研究を継続する。また、さいたま市で実証実験を開始しているHSHSとの連携により、家庭用蓄電池としても機能させ、日常生活におけるエネルギーマネジメントの最適化でCO2削減効果などを検証していく予定。同社では、2013年から日本での実証実験を開始し、子育て層や高齢者層の近距離圏内の日常的な移動支援のほか、カーシェアリングなどさまざまな用途での可能性を検証していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS