気象庁、「海洋の健康診断表」総合診断表 第2版を公表

発表日:2013.12.20

気象庁は、「海洋の健康診断表」総合診断表 第2版を公表した。地球温暖化や数か月~数年スケールの気候には、海洋が密接に関係している。同庁では、このような地球環境と海洋の関係について総合的、体系的に理解を深めるため、海洋の状態が長期的にどのように変化しているかについて、最新の観測成果や研究の成果を踏まえ、「総合診断表」として平成18年に第1版を公表するとともに、随時同庁ホームページで更新している。今回、この総合診断表について、海洋の二酸化炭素に関する最新の知見などをより一層充実させるとともに、第1版以降に蓄積された観測や解析成果を追加し、第2版として公表した。主な掲載内容は、1)海面水温、海洋の表層及び底層の水温、2)表面海水中の二酸化炭素濃度、海洋の大気からの二酸化炭素吸収量、3)海洋の酸性化、4)エルニーニョ現象及び黒潮、5)北西太平洋の海洋汚染、である。なお、最新の診断・データは、「海洋の健康診断表」定期診断表に掲載している。

新着情報メール配信サービス
RSS