三菱日立パワーシステムズ、東京電力から石炭ガス化複合発電設備(IGCC)を受注

発表日:2014.09.12

三菱日立パワーシステムズ(株)は、同社を幹事会社とする共同企業体が、東京電力(株)から、「世界最新鋭の石炭焚き火力発電所プロジェクト」で採用する大規模な石炭ガス化複合発電設備(IGCC)の設計業務を受注したと発表した。IGCCは、石炭をガス化し、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコンバインドサイクル方式で発電することで、従来の石炭火力発電に比べ発電効率を飛躍的に向上させるだけでなく、CO2やNOx、SOxなどの排出量低減もはかる次世代の火力発電システム。また、高温高圧のガス化炉を用いることにより、従来の火力発電では利用に課題があった低品位の石炭活用も容易となる。今回のプロジェクトは、福島県の産業復興に向け、東京電力の広野火力発電所(双葉郡)と、同社などが出資する常磐共同火力(株)の勿来発電所(いわき市)に、それぞれ50万kW級のIGCCを建設するもの。同社は、ガス化炉設備と複合発電設備などの設計を担当するという。

情報源 三菱日立パワーシステムズ(株) ニュースリリース
機関 三菱日立パワーシステムズ(株)
分野 地球環境
キーワード コンバインドサイクル発電 | 火力発電 | IGCC | 発電効率 | 東京電力 | CO2排出量 | 石炭ガス化複合発電 | 三菱日立パワーシステムズ | 常磐共同火力
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS