環境省、(仮称)三大明神風力発電事業計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.12.19

環境省は、福島県で計画されている(仮称)三大明神風力発電事業計画段階環境配慮書について、平成26年12月19日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)ユーラスエナジーホールディングスが、福島県いわき市遠野町で、総出力最大54,000kWの風力発電設備を新たに設置するもの。事業実施想定区域及びその周辺は、事業実施想定区域は、標高700m程度の低山帯で、ほとんどが植林地で、一部広葉樹二次林や伐採跡地が存在し、オオタカ、サシバ、ノスリ等の主に里地里山に生息する猛禽類が生息する。今回の環境大臣意見では、1)対象事業実施区域から除外できない重要な動植物及びその生息地・生育地等がある場合は、これらへの影響を回避する又は極力低減できる風力発電設備等の配置計画を作成すること、2)工事用車両ルート沿いには、集落が存在するため、大気質及び騒音等の影響について、方法書以降の手続において適切に予測及び評価を行い、必要な環境保全措置を検討すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 騒音 | 環境影響評価 | 動植物 | 福島県 | 大気質 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 猛禽類
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS