環境省、相馬港天然ガス発電所(仮称)設置計画に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.12.19

環境省は、福島県で計画されている相馬港天然ガス発電所(仮称)設置計画に係る計画段階環境配慮書について、平成26年12月19日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、石油資源開発(株)が福島県の相馬港において、コンバインドサイクル発電方式(総出力約120万kW)の天然ガス発電所を新設するもの。今回の環境大臣意見では、1)経済産業省に対して、電力業界全体でCO2排出削減に取り組む枠組の構築に向けて、電力業界に取組を促すとともに、経済産業省自ら、枠組構築に向けた検討の進捗を把握し、内容を確認し、実効性ある取組を確保すること。併せて、環境負荷の低減に向けて、最新鋭の発電設備の活用を促すこと、2)事業者に対して、関係者と協力し、最新鋭の天然ガス発電設備の稼働によるCO2排出削減に取り組むこと、枠組構築への取組及び「利用可能な最良の技術(BAT)の参考表」(B)の発電技術についても採用の可能性を検討すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード コンバインドサイクル発電 | 環境省 | 経済産業省 | CO2排出量 | 天然ガス | 環境影響評価 | 火力発電所 | 福島県 | 環境大臣意見 | 環境配慮書
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS