環境省、相馬港天然ガス発電所(仮称)設置計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2017.02.13

環境省は、相馬港天然ガス発電所(仮称)設置計画に係る環境影響評価準備書について、平成29年2月13日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、福島ガス発電(株)が福島県相馬郡新地町において、天然ガスを燃料とするガスタービン・コンバインドサイクル発電方式の発電所(総出力118万kW)を新設するもの。今回の環境大臣意見では、温室効果ガスの排出削減に向けて、事業者に対し、省エネ法に基づくベンチマーク指標の遵守、取組内容の評価書への記載、達成状況及び更なる取組の検討と自主的公表、達成できないと判断した場合の事業見直しの検討等を求めている。経済産業省に対しては、全ての発電事業者に対する確実な同ベンチマーク指標の目標遵守、電力業界に対する自主的枠組み参加事業者の拡大と目標達成の取組促進、小売電気事業者に対するエネルギー供給構造高度化法の遵守、電力業界全体の取組の実効性の確保等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード コンバインドサイクル発電/環境省/経済産業省/温室効果ガス/天然ガス/環境影響評価/火力発電所/大気汚染物質/環境大臣意見/福島ガス発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS