農水省、平成26年度森林内の放射性物質の分布状況調査結果を公表

発表日:2015.03.27

農林水産省は、平成26年度の森林内の放射性物質の分布状況調査結果を公表した。同省では、森林内の放射性物質の分布状況等を的確に把握した上で、森林の取扱い等の対策を検討するため、(独)森林総合研究所と連携し、東京電力福島第一原子力発電所から距離の異なる福島県内の3町村(川内村、大玉村、只見町)で、森林内の土壌や落葉層、樹木の葉や幹などの部位別に放射性セシウム濃度とその蓄積量を調べている。調査の結果、樹木の部位別の放射性セシウム濃度は、引き続き低下傾向にあった。また、森林全体の放射性セシウム蓄積量は、初期沈着量の最も多かった川内スギ林では次第に減少する傾向を示した。さらに、森林全体の放射性セシウム蓄積量の変化は小さく土壌地表付近に留まっていることや、渓流水中の放射性セシウム濃度の調査結果等から、放射性セシウムは森林内に留まり、森林外への流出量は少ないと考えられる。同省では、調査を継続するとともに、森林の除染や森林からの放射性物質の拡散防止に向けた取組を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS