環境省、道北日本海側エリアにおける風力発電事業(仮称)に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2015.09.11

環境省は、北海道で計画されている「道北日本海側エリアにおける風力発電事業(仮称)計画段階環境配慮書」について、平成27年9月11日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、北海道エネルギー開発(株)が、北海道天塩町、遠別町、初山別村、羽幌町、苫前町、小平町及び増毛町において、1事業当たりの出力が最大60,000kWの風力発電所を10事業程度実施するもの。事業実施想定区域の周辺は、ラムサール条約湿地であるサロベツ原野、利尻礼文サロベツ国立公園、暑寒別天売焼尻国定公園及び北海道指定鳥獣保護区等が位置している自然環境の保全上、重要な地域である。今回の環境大臣意見では、1)対象事業実施区域の設定にあたり、暑寒別天売焼尻国定公園から可能な限り距離を確保すること、2)風力発電設備への衝突事故や移動経路の阻害等による重要な鳥類への重大な影響を回避すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 北海道 | 湿地 | 環境影響評価 | 鳥獣保護区 | 国立公園 | 鳥類 | 環境大臣意見 | 環境配慮書
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS