環境省、名古屋港・北九州港の港湾計画の改訂等に対する環境省意見を提出

発表日:2015.12.07

環境省は、名古屋港港湾計画の改訂及び北九州港港湾計画の一部変更に対する環境省意見を提出したと発表した。これは、平成27年12月7日開催の交通政策審議会第61回港湾分科会において名古屋港港湾計画の改訂及び北九州港港湾計画の一部変更の2件が諮問・審議されることに伴い、環境保全の観点からの同省の意見を提出したもの。名古屋港港湾計画の改訂では、港湾関連用地等の埋立て、航路・泊地の増深及び臨海道路の新設等を計画する。北九州港港湾計画の一部変更では、洋上風力発電施設の導入を図るための区域等を計画する。今回の環境省意見では、名古屋古屋港港湾計画については、埋立てによる海域環境への影響の回避・低減に努めること等を、北九州港港湾計画については、事業者に対して、鳥類及び藻場への重大な影響を及ぼさないよう配慮するよう求めること等について言及している。今後、同意見は、国土交通省を通じて、港湾管理者に伝達されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS