環境省、神鋼真岡発電所建設計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2016.02.17

環境省は、神鋼真岡発電所建設計画に係る環境影響評価準備書について、平成28年2月17日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)神戸製鋼所が栃木県真岡市の真岡第五工業団地内において、都市ガスを燃料とするコンバインドサイクル発電方式(総出力124.8万kW)の発電所を新たに建設するもの。今回の環境大臣意見では、事業者に対し、局長級取りまとめに基づく枠組の参加事業者に電力を供給し確実にCO2排出削減に取り組むこと、関係者と協力し最新鋭の都市ガス火力発電設備の導入及び稼働によるCO2排出削減に向けて着実に取り組むこと、騒音及び振動対策の実施等を求めた。また、経済産業省に対して、電力業界に対して、温室効果ガス削減の目標達成に真摯に取り組むよう促すとともに、省エネ法や高度化法等の政策的な対応措置に取り組んでいくことにより、電力業界全体の取組の実効性を確保することを求めた。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
大気環境
環境総合
キーワード コンバインドサイクル発電 | 環境省 | CO2排出量 | 神戸製鋼所 | 都市ガス | 騒音 | 環境影響評価 | 火力発電所 | 振動 | 環境大臣意見
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS