環境省、(仮称)松阪飯南ウィンドファーム発電所に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2016.02.19

環境省は、三重県で計画されている「(仮称)松阪飯南ウィンドファーム発電所に係る計画段階環境配慮書」について、平成28年2月19日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、合同会社松阪飯南ウィンドファームが、三重県松阪市において、最大で総出力25,200kWの風力発電所を設置するもの。事業実施想定区域は、白猪山を含む東西の尾根上に位置し、同区域及びその周辺には白猪山山頂へ向かうハイキングロードがあり、同区域の南には「日本の棚田百選」に選定された「深野だんだん田」がある。また、事業実施区域及びその周辺において、クマタカの生息及び繁殖活動が確認されている。今回の環境大臣意見では、1)希少猛禽類等の鳥類に関する調査、予測及び評価を行い、風力発電設備等の配置等の検討に反映すること、2)景観の予測及び評価に当たっては、専門家等からの助言並びに管理者、利用者及び関係自治体等の意見を踏まえること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 植物 | 環境影響評価 | 景観 | 鳥類 | 三重県 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 猛禽類
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS