静岡県、平成26年度PRTRデータを公表

発表日:2016.03.15

静岡県は、平成26年度の第一種指定化学物質の排出量・移動量(平成26年度実績)を公表した。これは、平成27年度に「特定化学物質の排出量や移動量の届出制度」(PRTR制度)に基づき、県内の1,540事業所から届出があった第一種指定化学物質の排出量・移動量(平成26年度実績)のデータを集計したもの。大気や公共用水域等への化学物質の届出排出量は8,435トンで、前年度より757トン削減された。また、届出制度が本格施行された平成15年度を基準とした各年度の削減量(平成15年度との差)は、平成26年度には13,830トンとなっており、平成20年度から7年連続で全国1位となっている。一方、届出総排出量・移動量は14,018トンで、前年度より831トン削減され、都道府県別で、多いほうから8番目(前年度と同じ)となったという。

新着情報メール配信サービス
RSS