東京都、キャップ&トレード制度の第一計画期間のCO2総量削減義務を達成と発表

発表日:2016.11.04

東京都は、温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)において、全ての対象事業所が第一計画期間のCO2総量削減義務を達成したと発表した。同制度は、都内の温室効果ガス排出量の削減を進めるため、大規模事業所にCO2排出量の総量削減を義務付けるもので、対象事業所は自らの省エネ対策によって削減するほか、排出量取引を活用して他の事業所の削減量等(クレジット)を取得して義務を履行することができる仕組みになっている。今回、平成28年9月末に第一計画期間(平成22~26年度)の義務履行が期限を迎え、全ての対象事業所が第一計画期間の総量削減義務(8%又は6%)を達成した。LED照明の導入等、省エネ対策への積極的な取組によって大幅な削減が進み、9割の事業所が自らの対策によって削減義務を達成し、残りの1割の事業所も、必要な排出量取引を行い、削減義務を履行しているという。なお、第二計画期間は平成27年度から開始されている。

新着情報メール配信サービス
RSS