国環研、「小児・次世代環境保健研究プログラム」の成果報告書を公表

発表日:2016.11.21

国立環境研究所は、「小児・次世代環境保健研究プログラム」(研究プログラム総括:新田裕史・野原恵子)の成果報告書を公表した。同報告書は、環境要因と子どもの健康との関連性について、健康影響メカニズムを解明することにより疫学知見に生物学的妥当性を与え、また莫大な数の化学物質や健康影響の中から疫学研究で検討すべき対象物質及び影響指標を提案することを目的として実施した研究成果についてまとめたもの。特に、有害な環境因子から、子どもたちと将来の世代の健康を守る政策立案に貢献できるよう、同研究所が中心的機関として実施する大規模疫学研究「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」と連携して、より詳細な発達・免疫影響のメカニズム解明と高度な疫学手法の開発を行ったという。

新着情報メール配信サービス
RSS