環境省、第3回日本・アジア開発銀行環境政策対話の結果を公表

発表日:2017.03.09

環境省は、平成29年3月1日・2日にフィリピン・マニラで行われた「第3回日本国環境省・アジア開発銀行(ADB)環境政策対話」の結果を公表した。両機関では、2014年6月に環境協力に関する覚書を締結しており、毎年政策対話を実施している。今回の会合では、環境省がADBに資金を拠出している二国間クレジット制度(JCM)日本基金を含む気候変動の緩和及び適応、持続可能な開発目標(SDGs)、廃棄物管理等のテーマを中心に、双方の最新の取組や今後の課題等を共有し、意見交換を行った。また、これらの分野における今後の具体的協力を作業計画としてまとめ、覚書の延長文書への署名が行われたという。

新着情報メール配信サービス
RSS