広島大など、微細藻類バイオ燃料の共同研究講座を設置

発表日:2017.04.28

広島大学は、マツダ(株)と共同で、「次世代自動車技術共同研究講座 藻類エネルギー創成研究室」を設置した。同講座は、微細藻類から自動車などの内燃機関の燃料となる再生可能なバイオ液体燃料を生産するために、藻類高性能化を目的としたゲノム編集技術による遺伝子実装研究および、高性能藻類のポテンシャルを最大限に引き出す最適培養環境の導出研究を目的とするもの。東京工業大学の研究者も参加し、CO2排出を大幅削減できるバイオ燃料の実用化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS