環境省など、「地域適応コンソーシアム事業」を開始

発表日:2017.07.28

環境省は、平成29年度より3カ年の計画で、農林水産省と国土交通省との連携事業として、「地域適応コンソーシアム事業」を実施すると発表した。同事業は、全国事業と6地域における地域事業により構成されるもので、それぞれの事業の概要は、1)全国事業:事業の共通方針の作成(気候変動影響予測を行う気候シナリオの整備等)、農林水産業・国立公園の生態系サービス等の気候変動影響の全国的調査、全国運営委員会の開催・運営、2)地域事業:地域における気候変動影響に関する調査(気候変動影響に関する情報収集・気候変動影響予測計算等)、地域での普及啓発事業、地域協議会の開催・運営、となっている。各地域のニーズに沿った気候変動影響に関する情報の収集・整理を行うとともに、地方公共団体・大学・研究機関など、地域の関係者との連携体制を構築し、具体的な適応策の検討を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS