トヨタなど、バンコクの大学に超小型EVシェアリングシステムを導入

発表日:2017.08.03

トヨタ・モーター・タイランド(以下、タイトヨタ)とタイのチュラロンコン大学は、2017年12月より、超小型EVシェアリングシステムを導入する。今回、タイトヨタとチュラロンコン大学の共同プロジェクトとして、バンコク市の渋滞や大気汚染等の課題解決策を探るために、短距離移動に適した超小型EVのワンウェイ・カーシェアリングシステムを同大学敷地内に導入することとなった。超小型EVステーションは大学敷地と最寄り駅やバス停を結ぶ周辺に12ヶ所(うち10ヶ所には充電設備併設)設置し、プロジェクト開始時は10台、2018年半ばに20台、合計30台を運用する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS