JAMSTEC、北極ツンドラ域における「夏季の温暖化」などを解明

発表日:2018.03.07

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、北極圏陸域の約8割の面積を占めるツンドラ域(以下、北極ツンドラ域)を対象に、衛星観測データと陸面再解析データの統計解析を行った結果、北極ツンドラ域では夏の気温が過去15年間で約2°C上昇していることなどを解明した。この成果は、1)年平均気温には温暖化の兆候がないにも関わらず、北極海周辺に広く「夏季の温暖化」が進行していることや、2)温暖化に伴って水の高さにして2cm(約1,106億t)の乾燥化を引き起こしていること、3)北極の3大河川流域に広がる永久凍土の存在が水循環や温暖化の加速を緩和していることを示唆しており、夏季の北極温暖化の実態解明ひいては全球規模の気候・水循環及び温暖化の予測研究につながる重要な成果であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS