環境省など、平成30年度の「農薬危害防止運動」の実施内容を発表

発表日:2018.04.25

環境省は、厚生労働省、農林水産省等と共同で、「農薬危害防止運動」を実施すると発表した(平成30年6月1日から8月31日)。この取組は、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進するもの。実施主体は、上記3省の他、都道府県、保健所設置市及び特別区で、農薬の使用現場では関係団体等が一体となって運動を推進する。実施事項は、農薬や取扱いに関する正しい知識の普及啓発や、農薬による事故防止・適正使用等・適正販売に関する指導などとなっている。

新着情報メール配信サービス
RSS