TPM、国際ワークショップ(第15回)等の開催概要を紹介

発表日:2018.10.11

国立環境研究所、韓国の国立環境科学院および中国環境科学研究院からなる「日韓中三カ国環境研究機関長会合(TPM)」は、第15回TPM国際ワークショップなどの概要を紹介した。今回、平成30年10月30日に韓国・釜山広域市で第15回TPM本会議を開催し、翌31日に同地でTPM15国際ワークショップを開催する。今次ワークショップは「固体廃棄物の管理及び処理の現状と将来について」をテーマに、TPMのみならず、釜山広域市の衛生環境研究所および釜山国立大学からも廃棄物の管理・処理に関する研究者が参加し、講演や討論などを行うという。ワークショップ終了後に、本会議で合意したTPM協力関係の推進方策等に係る共同声明の発表が予定されている。

新着情報メール配信サービス
RSS