国交省、「水辺の楽校」プロジェクトに係る新たな登録を発表

発表日:2019.03.08

国土交通省は、「水辺の楽校」プロジェクトに係る新たな登録を行ったと発表した。人間と環境の関わりについての理解を深め、豊かな人間性を育んでいくために、市民団体や河川管理者、教育関係者などが一体となって、地域の身近な水辺における環境学習や自然体験活動を推進するため、同省、文部科学省、環境省の3省が連携して、『「子どもの水辺」再発見プロジェクト』に取り組んでいる。同省では、子どもが安全に水辺に近づけ、環境学習や地域交流などの活動を推進するために必要な、親水護岸などのハード整備を行う目的で、平成8年度に「水辺の楽校」プロジェクトを設け、市町村から申請された「水辺の楽校」構想の登録を行っている。今回、日野川水系法勝寺川(鳥取県米子市)の1箇所を新たに登録した(全国288箇所目)。今後、子どもたちが安全に利用でき、地域に親しまれる水辺空間となるよう、親水護岸の整備など必要な支援を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS