環境省、自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築事業(平成31年度)におけるグリーンスローモビリティ車両登録を公表

発表日:2019.05.13

環境省は、平成31年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築事業におけるグリーンスローモビリティ車両登録の公募結果を公表した。同事業は、地域交通のゼロエミッション化を目標に、電動モビリティ(EV、EVバス、EVトラック、グリーンスローモビリティ、超小型モビリティ、電動二輪)を活用した脱炭素型地域交通モデルの構築に必要な設備等の導入について支援するもの。低炭素社会創出促進協会が同省から交付決定を受け、平成31年4月8日から4月19日まで同事業において補助対象となるグリーンスローモビリティの車両及びその車両を提供するサプライヤーの登録について公募を実施した。申請された車両について審査した結果、3社を補助対象となるグリーンスローモビリティ及びその車両を提供するサプライヤーとして登録したという。

情報源 環境省 報道発表資料
(一社)低炭素社会創出促進協会 公募情報
機関 環境省 (一社)低炭素社会創出促進協会
分野 地球環境
環境総合
キーワード 環境省 | 低炭素社会創出促進協会 | 二酸化炭素排出抑制対策事業 | グリーンスローモビリティ | 脱炭素イノベーション | 地域循環共生圏構築事業 | 自動車CASE活用 | ゼロエミッション化 | 脱炭素型地域交通モデル | サプライヤー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS