環境省、令和元年度SBT達成に向けたCO2削減計画策定支援モデル事業の参加企業を決定

発表日:2019.10.03

環境省、令和元年度SBT達成に向けたCO2削減計画策定支援モデル事業の参加企業を決定したと発表した。同事業は、SBT目標を達成するための中⾧期的・具体的な削減計画策定支援を実施し、単なる目標設定に留まらない実現性の高いCO2削減に向けた取り組みを促すもの。今回、令和元年8月22日~9月19日まで、SBT認定取得済企業(認定申請中含む)や、サプライチェーン全体での中長期削減取組の目標を設定等している企業を募集した結果、11件の応募があり、業種、事業内容、GHG排出量、削減目標等を総合的に検討し、以下のとおりモデル事業への参加企業を決定した。1)アスクル(株)、2)小野薬品工業(株)、3)サントリーホールディングス(株)、4)セイコーエプソン(株)、5)ユニ・チャーム(株)。

新着情報メール配信サービス
RSS