地球研など、食のカーボンフットプリント削減に向けた新しい消費スタイルを提示

発表日:2019.12.20

総合地球環境学研究所(地球研)ほか国内2大学およびノルウェー生命科学大学の研究グループは、食のカーボンフットプリント(以下「CFP」)を分析し、CFPの多寡に応じた削減方策を提示した。CFP削減を図るために、牛肉・豚肉の消費を減らし、鶏肉・野菜中心の食生活への転換が必要という認識が広がりつつある。同研究グループは、そうした食生活への転換の効果を家計消費レベルで解明するために、「全国消費実態調査(総務省)」のデータを用いてCFPを推計し、CFPの大きさに基づいてグループ分けを行い、消費項目を比較検討した。その結果、肉類消費量についてはグループ間に顕著な差が見られなかったが、CFPの多いグループではアルコール飲料や菓子類の消費や、レストラン利用頻度が高いことが分かった。多くの世帯で鶏肉や野菜等中心の食生活への転換を進めるとともに、とりわけCFPの多い世帯においてはアルコール飲料消費の低減等を図ることが有効であり、元来牛肉の消費量が少ない日本のみならず、多くの国々にとって有用な知見であるという。

情報源 総合地球環境学研究所 リリース
機関 総合地球環境学研究所
分野 地球環境
キーワード カーボンフットプリント | 消費量 | 総合地球環境学研究所 | 野菜 | 食生活 | 家計消費 | 牛肉 | 鶏肉 | 全国消費実態調査 | アルコール飲料
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS