環境省、配送拠点等エネルギーステーション化による地域貢献型脱炭素物流等構築事業(令和2年度)の公募を開始

発表日:2020.05.19

環境省は、令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(配送拠点等エネルギーステーション化による地域貢献型脱炭素物流等構築事業)の公募を開始すると発表した。同事業は、配送車両等を電動化するとともにバッテリー交換式とし、各配送拠点等をエネルギーステーション化することで、地域の再生可能エネルギーを活用した脱炭素型物流モデルの構築と物流配送拠点の防災拠点化を同時実現することで地域貢献型の新たな脱炭素型物流モデルを構築するもの。対象事業は、1)マスタープラン策定業務(公募期間:令和2年5月19日~6月26日17 時必着)、2)モデル構築支援事業(公募期間:令和2年5月19日~12月25日17 時必着)の2事業となっている。公募の詳細は、同事業の執行団体である(公財)北海道環境財団のホームページで確認できる。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)北海道環境財団 公募情報
機関 環境省 (公財)北海道環境財団
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 環境省 | 北海道環境財団 | 二酸化炭素排出抑制対策事業 | 配送拠点等エネルギーステーション化による地域貢献型脱炭素物流等構築事業 | 配送車両 | バッテリー交換式 | エネルギーステーション化 | 脱炭素型物流モデル | 物流配送拠点
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS