環境省と気象庁、「熱中症警戒アラート(試行)」を先行実施

発表日:2020.06.16

環境省と気象庁は、「熱中症警戒アラート(試行)」(アラート)を先行実施すると発表した。これは、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に、両省庁で新たに暑さへの「気づき」を呼びかけ国民の熱中症予防行動を効果的に促すための情報提供を実施するもの。アラートは、熱中症の危険性が極めて高くなると予想される前日あるいは当日に、対象都県に対して発表される。発表された際には、日頃から実施している熱中症予防対策の普段以上の徹底を呼び掛ける。今年度は、令和2年7月1日~10月28日に関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)で、先行的にアラートを実施する。さらに、今秋以降に有識者検討会において今夏の検証を行い、その結果を踏まえ令和3年度からは全国で、高温注意情報に代わる新たな情報発信として、本格運用する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS