九州電力(株)、北山カントリー倶楽部におけるヒートポンプを活用したCO2排出削減事業へ参加

発表日:2010.01.19

九州電力(株)は、北山カントリー倶楽部におけるヒートポンプを活用したCO2排出削減事業への参加について発表した。この事業は、九電工北山観光(株)が運営する佐賀県三瀬村の北山カントリー倶楽部において、電気式高効率ヒートポンプを導入し、空調、給湯用の燃料として使用されている重油の消費量を削減することにより、CO2の排出削減に貢献するもの。同事業が、平成22年1月18日に国内クレジット制度に基づく排出削減事業として承認されたことを受け、同社は国内クレジットの買手として参加する。これにより同社が参加する国内クレジット制度に基づく排出削減事業は、現在参加中の森林バイオマス案件(「清滝」排出削減事業、「べんがら村」排出削減事業)に次ぐ3件目の案件となる。

新着情報メール配信サービス
RSS