日揮(株)と伊藤忠商事(株)、フィリピンで大規模バイオエタノール製造・発電事業を実施

発表日:2010.04.08

日揮(株)と伊藤忠商事(株)は、フィリピン事業パートナーと共同で、フィリピン最大級のバイオエタノール製造、および電力供給事業に着手したと発表した。フィリピンでは2009年2月より、自動車用ガソリンにバイオエタノールを現行で5%混合することが義務化され、また2011年には10%の混合が義務化される見込みであるが、同国内バイオエタノール生産量は必要量を大幅に下回る状況にある。そこで同社らは、数年前より同国内バイオエタノール事業に関する基本スキームの構築を開始し、今回、フィリピン事業パートナーも加えた出資者で新事業会社GFII社を設立した。GFII社では、サトウキビを原料とするバイオエタノール(54,000kl/年)の製造・販売事業、およびサトウキビ残渣(バガス)を燃料とする火力発電(最大19MW)による電力販売事業を行う。なお、同国では2010年内に新エネルギー発電法が施行され、各種再生可能エネルギーによる電力供給が優遇されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS