経済産業省、平成20年度(2008年度)のエネルギー需給実績(確報)を公表

発表日:2010.04.15

経済産業省は、平成20年度(2008年度)の我が国のエネルギー需給実績(確報)を公表した。平成20年度の日本の最終エネルギー消費は、主に産業部門のエネルギー消費の大幅な減少により、対前年度比6.7%減少(1965年度以降、最大の減少幅、1990年度比では6.0%増加)。また、エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、エネルギー消費の減少を受けて、対前年度比6.6%減少した(1990年度比では7.5%増加)。部門別では、産業部門は、景気悪化によって製造業・鉱業の生産量が12.7%低下したことにより減少、民生部門は、業務部門の活動量が2.8%低下し、家庭部門のエネルギー消費が3.6%減少したことにより減少、運輸部門は、景気悪化によって貨物の輸送量が4.3%縮小したこと等により減少した。なお、エネルギー効率は、運輸部門、家庭部門で改善したものの、稼動率の大幅な低下により産業部門の原単位が7年ぶりに悪化したという。

新着情報メール配信サービス
RSS