トヨタ自動車(株)、北米国際自動車ショーでリチウムイオン電池搭載のプラグインハイブリッド車販売を発表

発表日:2008.01.14

トヨタ自動車(株)は、2008年1月13日(日)、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、リチウムイオン電池を搭載したプラグインハイブリッド車を、2010年までに米国をはじめとした地域でフリートユーザー(大口ユーザー)向けに販売すると発表した。同車に搭載されるリチウムイオン電池は、トヨタ自動車と松下グループが共同出資しているパナソニックEVエナジー(株)の大森工場での量産化を検討しているという。同社は、2007年より、日米欧でニッケル水素電池を搭載したプラグインハイブリッド車の公道実証実験を行っており、今回の発表はプラグインハイブリッド車の普及に向け、次のステップに進むものである。また同社は、近い将来、北米市場向けの大型トラック及び大型SUVに、新型V8クリーンディーゼルエンジンを投入することを併せて発表した。

新着情報メール配信サービス
RSS