トヨタ自動車(株)、セダンスタイル車にハイブリッドシステムを搭載

発表日:2011.09.05

トヨタ自動車(株)は、同社の代表的なセダンスタイル車を、ハイブリッドシステムを搭載するかたちでフルモデルチェンジし、平成23年9月5日より発売を開始した。今回のフルモデルチェンジでは、新開発エンジンを採用したハイブリッドシステム搭載により、圧倒的な燃費・動力性能を実現し、環境性能の進化を図った。燃費は、コンパクトカーレベルの10・15モード走行燃費26.5km/L・JC08モード走行燃費23.4km/Lを達成するとともに、3Lクラスのガソリンエンジン搭載車に匹敵する動力・加速性能も実現。また、「平成22年度燃費基準+25%」とあわせ、省エネ法に基づき策定された新たな燃費目標基準である「2015年度燃費基準」を達成するとともに、国内の排出ガス基準最高レベルとなる「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得している。これにより、同車は「環境対応車 普及促進税制」による減税措置対応車となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS