神奈川県と横浜市及び日産自動車(株)、「EVタクシーシェアのりば」の実証実験を開始

発表日:2012.04.11

神奈川県と横浜市及び日産自動車(株)は、環境にやさしいEV(電気自動車)タクシーの普及を目的に「EVタクシーシェアのりば」の実証実験を平成24年4月18日より開始すると発表した。これは、「かながわEVタクシープロジェクト」と「ヨコハマ モビリティ プロジェクトゼロ(YMPZ)」のジョイント活動として実施するもので、EVタクシー専用の待機所を設け、既存のタクシーのりばを、EVタクシーと通常のタクシーが交互に利用(シェア)する「EVタクシーシェアのりば」として運用する。EVタクシーは、走行中の排出ガスゼロ、また低騒音、低振動、低重心による快適な乗り心地、優れたランニングコストなどの特長がある反面、航続距離、充電時間などにより、従来車タクシーに比べ営業機会の面で不利という問題がある。今回、この問題を解決するため、横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院に、EVタクシー専用待機所を2台分設置し、EVタクシーの利用者からのアンケート及び乗務データにより、その有効性を検証する。実施期間は、平成24年4月18日(水)から7月20日(金)まで(土・日・祝日を除く)。

新着情報メール配信サービス
RSS